Good Investor 良き投資による自由な生活の実現を楽しみながら目指すブログ

なんとか準富裕層へ到達。長期目線では高配当米国株式を中心に積立中、中短期ではシストレの売買で資産を積み上げ、長期投資の原資を増やす作戦。仮想通貨もウォッチ中。経済的自由を達成する道半ばを楽しみながら投資に取り組んでいます。

【TradingViewの使い方】PineScriptでヒストグラム描画時の推進力に応じた色の変更

本ページは自分がTradingViewのPineスクリプトを利用してインジケータ/ストラテジーを実装する際に調べたコーディングTipsです。

自身の備忘録もかねて記載していきます。

こちらは、TradingViewに関しての参考サイト集。

www.good-investor.onhydech.com

MACDの描画等に用いられるヒストグラム描画時の推進力に応じた色の変更

MACDを利用した際に以下のようなインジケータを見たことありませんか?ヒストグラムが上昇傾向であるときは明るい緑色、下降傾向に転じた際に暗い緑色で描画。

上記を実装するサンプル実装は以下になります。これは「前回よりも値が伸びている場合」を条件にしています。単純ですね。

f:id:hydech:20190330171552p:plain
MACDヒストグラム

// ヒストグラムの描画

// 値が0以上の場合は描画時の色は緑系
histColor = if hist > 0
    hist > hist[1] ? lime : green
// 値が0未満の場合は描画時の色は赤系
else 
    hist < hist[1] ? red  : maroon
plot(hist, color=histColor, style=columns)