Good Investor 良き投資による自由な生活の実現を楽しみながら目指すブログ

なんとか準富裕層へ到達。長期目線では高配当米国株式を中心に積立中、中短期ではシストレの売買で資産を積み上げ、長期投資の原資を増やす作戦。仮想通貨もウォッチ中。経済的自由を達成する道半ばを楽しみながら投資に取り組んでいます。

個人的ポイント戦略(ANAマイル編)- マリオット・ボンヴォイポイント利用

f:id:hydech:20190321095705p:plain

はじめに

本ページは自分自身の備忘メモとして残しています。予めご了承ください。※随時更新していくページです。

  • 目的
    • いわゆる陸マイラー的な活動。無理のない範囲でせっかくなら日常生活の支払いを通じてマイルを貯めて有意義に利用する
    • 旅行で毎回飛行機は利用するのであれば、効率的にマイルを貯めることができれば有意義かつお得に旅が可能。旅が趣味ならおすすめ?

本「個人的ポイント戦略(ANAマイル編)」のトップページはこちらです。


www.good-investor.onhydech.com


今回は、マリオット・ボンヴォイポイントを利用したANAマイルの貯め方に関してです。

ANAマイルの獲得方法

Marriott Bonvoy ポイント(旧マリオットリワードポイント、SPGスターポイント)

概要

昨年(2018年)にスターウッド(SPG)とマリオットグループが統合されました。昔は「SPGスターポイント」と言われていましたが、今は「マリオット・ボンヴォイポイント」と言われています。「SPGスターポイント」と「マリオット・リワードポイント」が統合されたものですね。

特徴として、ANAのマイルに限らず数多くの航空会社マイレージに交換が可能。加えて、有効期限は通常2年間ですが延長が可能です。延長の条件は、ホテルへの宿泊、クレジットカード利用でのポイント獲得など、何かしらでポイントを加算すればそこから2年間延長されます。私はクレジットカード利用をしているので実質無期限です。

ポイント交換ルート

「マリオット・ボンヴォイポイント」から直接、航空会社マイレージに変換が可能ですので非常に簡単です。

交換レートは殆どの航空会社のマイレージが同一レートで3:1で交換可能です。3,000ポイントが1,000マイルになる形ですね。

※一部異なる航空会社があります。ご注意を。

また一度にまとめて交換するとお得になります。60,000ポイントでの交換では15,000ボーナスが付与されるので、実質75,000ポイントをマイルに交換することが可能となります。実施するときは60,000ポイントごとに実施しましょう。

ということで、ANAマイルの場合は、60,000ポイント >> 25,000マイル というレートになりますね。なお、JALマイルも同じレートです。

ポイントの貯め方
  • 方法①:SPGアメックスカード利用によるポイント獲得。支払い金額100円あたり3ポイント。
  • 方法②:ホテル利用。会員ランクによるが1ドルあたり10ポイント。