Good Investor 良き投資による自由な生活の実現を楽しみながら目指すブログ

なんとか準富裕層へ到達。長期目線では高配当米国株式を中心に積立中、中短期ではシストレの売買で資産を積み上げ、長期投資の原資を増やす作戦。仮想通貨もウォッチ中。経済的自由を達成する道半ばを楽しみながら投資に取り組んでいます。ブログ記事は興味があるもの多数につき多岐にわたります。

ANAの「いっしょにマイル割」で彼女とお得に旅行へ行こう

f:id:hydech:20190922220707j:plain
彼氏彼女との旅行にANAのいっしょにマイル割りはおすすめ

はじめに

普段からマイルを貯めて、お得に国内旅行にふらりと行く私です。

日本の国内旅行であれば、6000マイルから国内航空券に交換することができます。ちょっとした国内旅行であればマイルを利用することで航空券代を浮かせることが可能です。

そんな中、今まで知らないサービスがあったことに気付きました。(皆さんすでにご存知でしたらごめんなさい。)

そのサービスというのが、ANAの「いっしょにマイル割」というサービスです。複数名で旅行に行くときにお得になるのでご紹介です。

www.ana.co.jp



いっしょにマイル割

概要

この制度ですが、複数名でANAを利用するときに利用できます。

1名の往復旅券が1万マイルで購入可能になり、一緒に飛行機に乗る方が特別割引の料金で航空券を予約できるというものになります。

「いっしょにマイル割」の利用で費用に関連するポイントは2つあります。

1つ目は1名の往復旅券が1万マイルになるという部分、2つ目は一緒に乗る方の料金が割引になる部分です。

利用の条件

適用条件ですが、以下が割引を受けるための条件です。

ANAを利用する人が1名いれば問題ないです。注意点として1万マイルは貯めている人が必要ですね。

  • ANAマイレージクラブ会員を含む2名以上4名までのグループであり、同一便に搭乗・同一区間の往復の場合
  • ANAマイレージクラブ会員本人(1名のみ)は往復10,000マイルを利用する
  • ANAウェブサイトからの予約・購入が必要

メリット1:1名の往復旅券が1万マイルになる

まずここが1つ大きいポイントです。通常、国内線をマイルで利用する場合は5,000~6,000マイルが最低でも必要になります。このマイル数は距離に応じて変わるわけですが本割引を利用すると一律1万マイルになります。往復ですので、片道5,000マイルです。行先に制限がありませんから、マイル利用という観点だと間違いなくお得になります。

ANAで航空券を購入するのに必要マイル数はこちらのサイトから確認可能です。

メリット2:一緒に乗る方の料金が割引になる

一緒に搭乗する方の航空券の方ですが、事前に航空券の値段が固定で決められています。

詳細は以下のANAのサイトから確認できますが、一般的な航空券よりは安く購入することが可能です。そして、価格が固定されているので直前でも値段が高くならないというのが大きなメリットかなと思います。

いっしょにマイル割 ~ANAマイレージクラブ会員専用運賃~ | ご予約/旅の計画 | 国内線航空券予約・空席照会 | ANA

幾つか、メジャーな航路の金額を載せておきます。時期によって変わりますが基本的に安いですよね。

航路 金額(通常) 金額(GW) 金額(ピーク)
東京(羽田) - 札幌(千歳) 13,000 13,000 15,500
東京(羽田) - 福岡 13,000 15,500 15,500
東京(羽田) - 沖縄 13,000 18,000 18,000

まとめ

以上、簡易でしたがANAのいっしょにマイル割でした。複数名の旅行でお得になるのでぜひ利用してみてください。

私のANAマイルの効率的な貯め方・利用に関してはこちらにまとめていますので興味があればどうぞ。

www.good-investor.onhydech.com

旅行する際にかならずお世話になるホテル。ホテル利用で貯めたポイントをマイルに換える方法として、私はマリオットのポイントプログラムを利用しています。

www.good-investor.onhydech.com