Good Investor 良き投資による自由な生活の実現を楽しみながら目指すブログ

なんとか準富裕層へ到達。長期目線では高配当米国株式を中心に積立中、中短期ではシストレの売買で資産を積み上げ、長期投資の原資を増やす作戦。仮想通貨もウォッチ中。経済的自由を達成する道半ばを楽しみながら投資に取り組んでいます。ブログ記事は興味があるもの多数につき多岐にわたります。

毎月数万円でよい。誰でも億万長者に将来なれる可能性がある理由。

f:id:hydech:20191026144844j:plain
誰でも億万長者になれる可能性がある。

はじめに

最近色々なところで話題になっているのが「老後2000万円問題」です。この中身には直接触れませんが、事実として自分の将来のためにお金を貯めておくのは非常に大事なことです。

ちなみになぜ将来のためにお金を貯める必要があるかというと、最後は誰も助けてくれないと考えているからです。もちろん、日本には年金などのサポートはありますが、年金の金額が充分かは非常に疑問です。一度、老後にいくら必要になるかを計算しておく必要があると私は思います。

上記考えのもと若いうちから行動を起こして、アーリーリタイアした人もいます。彼らがどのような考えで行動を起こしたのか学ぶべきことが多いかと思います。その記事はこちらになりますので、興味があれば読んでみて下さい。

www.good-investor.onhydech.com

これを機に、投資や資産形成に興味を持ってくれる人がいると良いですけどね。ただ、、投機や詐欺には引っかからないで欲しいところです。投資というと、すぐに利益を求めたくなるものです。別に今すぐにその金額が必要になるわけでもないわけですから、少しずつでも資産を作っていきたいところです。

で、せっかくこのような話題が出たので私自身は大丈夫なのかというのを確認してみたいと思います。2000万円貯めるにはという部分に興味がある方の参考にもなるかと思いますし、なにより誰でも億万長者になれる可能性があるというのもわかるかと思います。

積み立てインデックス投資

正直、ありがたいことに既に金融資産としては2,000万円は保持しています。これはこれで頑張ったわけですが、この時点で甘えるつもりもありません。

この先、色々なイベントでお金が必要になるシーンが多くあるはずです。まだまだ油断はできません。

ということもあり今回の分析では、現在の金融資産からの配当金等は考慮せずに、今の給与所得から毎月積み立てを行っている投資で今後どの程度の金融資産を積み上げることが可能かをシミュレーションしてみたいと思います。

ということもあり、現状のストック資産(金融資産)は無しにして考えてみます。これから投資を始める人は通常、給与所得が収入の中心かと思います。勿論、私も社会人なりたての頃はそうでした。誰しもスタートはそういうものです。ここを基準に考えてみましょう。

私の積立投資戦略の1つが、楽天証券での積立投資

私は色々な投資をしているのですが、毎月の給与所得の割り当て先の1つが楽天証券での積立投資です。

以前の記事で、私が楽天経済圏を存分に利用しているのは述べた通りです。その記事はこちらです。

www.good-investor.onhydech.com

楽天のサービスを利用することで様々なところで楽天スーパーポイントが貯まります。この楽天スーパーポイントも楽天証券での投資に利用できるのです。

これにより日々の生活で必要な支出を払いながらも、ポイントを貯めて積立投資の額を増やしています。

加えて、毎月の給与所得から一定額を拠出して積立投資を行っています。

積立投資の効果を簡単にシミュレーションできる

では、積立投資を行った結果をシミュレーションしてみましょう。便利なもので、簡単に計算できるサービスがあります。

www.rakuten-sec.co.jp

こちらの積立かんたんシミュレーションを利用すれば、「毎月の投資可能額」、「投資期間」、「想定利回り」をもとに将来の資産額のシミュレーションが簡単にできます。

まずは、無理のない範囲で投資するのが大事ですが目標とする金額と期間を把握するためにも実施しておくのが良いですね。

私のシミュレーション条件

では、私の現状をもとにシミュレーションしてみたいと思います。

私は、以下の条件でシミュレーションをしてみました。

  • 毎月の投資額は10万円
  • 投資期間は25年間
  • 平均リターンは5%

私は、毎月15万円程を投資に充てています。その中の10万程度がこの楽天証券での積立投資です。結構頑張っているつもりです。学生の頃から、どうしたら投資の元本を多く集められるかを考えて就職活動をしていましたからね(笑)。給料がある程度もらえて、自身の興味・関心がある業種を選んだつもりです。

投資期間は、25年としています。現在30歳くらいなので55歳までのシミュレーションとなりますね。

平均リターンは5%です。私の投資先の商品が米国のS&P500に連動する投資信託だからです。S&P500のリターンは計算した期間によりますが、7%程度は長期で考えれば達成できるといわれています。シミュレーションでは、控えめに5%程度にしておきます。

さて、上記の結果が以下となります。

f:id:hydech:20190715163046p:plain
シミュレーション結果(積立金額別)

一応、比較用に複数のパターンをシミュレーション結果を載せています。それぞれ、左から、毎月の積立金額が5万円、10万円、15万円です。

うん、6,000万~9,000万程度は貯めることができるんでないかな! 少なくとも2,000万円はクリアできそうですね。しかし、後半の資産の伸び具合が素晴らしいです。これぞ複利の力ですね。

ちなみに、リターンが過去のS&P500並みになった場合は以下の結果です。お~素晴らしい。妄想がはかどります。

今回は25年で実施しましたが、30年で見積もればより資産は増えますし、20代の若い方はより長く投資ができます。

f:id:hydech:20190715163715p:plain
シミュレーション結果(リターン別)

まとめ

はい、本日は私が実施している積立投資のシミュレーション結果でした。

シミュレーションなので、そうそううまくいかない可能性もあります。しかし、過去の実績に基づいて考えるとこの結果になるわけです。

期間は25年でシミュレーションしたので比較的若い20代、30代向けの結果かもしれませんが、コツコツ積み上げればみんなが宝くじで夢見る金額も決して不可能ではないということがわかるかと思います。(BIG6億!とかだとちょっと遠いんですが、、)

ということで、焦らず一歩一歩進めば「老後2000万円問題」の解決どころか、億万長者にもなれそうな気がしませんか!??

おすすめ書籍「株式投資の未来」

最後に、お勧めの書籍を1つ紹介します。有名な書籍なのですが、「株式投資の未来」という書籍です。ジェレミー・シーゲルというアメリカの経済学者により書かれたものです。

過去のアメリカ株式市場を分析して、どのような銘柄がハイパフォーマンスだったか、どのような株に投資することで利益を最大化することができるのかを調査した書籍になっています。

非常に参考になりますので、読んでみていただければと。