Good Investor 良き投資による自由な生活の実現を楽しみながら目指すブログ

なんとか準富裕層へ到達。長期目線では高配当米国株式を中心に積立中、中短期ではシストレの売買で資産を積み上げ、長期投資の原資を増やす作戦。仮想通貨もウォッチ中。経済的自由を達成する道半ばを楽しみながら投資に取り組んでいます。

スマホスピタルを利用してiPhone6のバッテリー交換をしてみた。

f:id:hydech:20190615232119p:plain
いつでも持ち歩くスマホ

はじめに

皆さん、こんにちは。皆さんはスマートフォンバリバリ利用していますよね? 私はバリバリ利用していまして、2台持っています。(なぜ。。)

現在はiPhone8PlusとiPhone6の2台を利用しているのですが、iPhone6に関しては既に2年以上利用しておりバッテリーのもちが悪くなってきたのが懸念です。そこで今回は前々から気になっていたiPhoneのバッテリー交換をしてきましたのでそのご紹介です。

iPhoneのバッテリー交換をどこにお願いするか?

さて、まずバッテリー交換をどこでお願いするかですが大きく2つの方法があります。

1つ目は公式のAppleにお願いする方法、2つ目は公式ではありませんが、スマホ修理を請け負っているお店や業者に依頼する方法です。

私は今回は後者の方法を利用しておりまして、お願いしたお店がスマホスピタルというお店になります。

まずは、両社の違いを見ておきましょう。

公式:Apple及び、Apple正規サービスプロバイダに依頼する

iPhoneの生産元であるAppleもバッテリー交換のサービスを提供しています。その条件や価格は以下のリンクにまとまっています。

support.apple.com

まず、AppleCareというサポート保守に加入している方はそのプランに従います。無償での対応となるでしょう。サポートに加入していない方は、リンク先の費用を払って実施する形になります。ここでポイントなのは、2018年12月31日までは特価価格で対応して頂けるという点です

2018 年 12 月 31 日までの間、対象となる iPhone 6 以降のモデル (iPhone SE を含む) の保証対象外バッテリーサービス料金を 3,200 円とさせていただきます。なお、3,200 円にてバッテリーサービスを受けられるのは iPhone 1 台につき 1 回限りとさせていただく場合があります。2019 年 1 月 1 日以降は、iPhone X の料金が 7,800 円に、その他すべての iPhone モデルの料金が 5,400 円に改定されます。

上記より、2018年中であれば値段的にはAppleでお願いする方がお得です。

非公式:業者に依頼する

今回私はこちらでバッテリー交換を行いました。業者さんはスマホスピタルさん。iPhoneだけでなくAndroidも対応、バッテリー交換だけでなく画面交換など幅広いプランを提供してくれています。

ただし製造元以外での修理を行う場合は、以降はその製品は公式のサポートは受けられなくなるため注意してください。

smahospital.jp

スマホスピタルさんは全国に店舗がたくさんあります。そのため、最寄りの店舗の価格を確認いただきたいのですが、都内店舗の価格表はこちらです。iPhone6で3,800円となります。どうでしょう?公式Appleと殆ど変わりません。加えて、来年になればApple社の価格は通常価格に戻りますので圧倒的に安いと思います。

なぜ、業者に依頼したのか

さて、上記で公式・非公式それぞれの価格に関してまとめました。これだけだとApple公式で良いのではないか?と思うかと思います。しかしそのような中、最終的に私がスマホスピタルさんにお願いした理由は下記です。

  • 全国的に店舗がある。Appleは郵送か、AppleStore・Appleが提携しているお店での対応。
  • 作業時間が非常に短い。私の場合は30分で完了

まずは、最寄りに店舗があったからです。Apple Storeの数はそもそも多くありません。身近なところに店舗があるというだけで非常に楽なんですよ。

なお、Appleが提携しているお店というのは、正式にはApple正規サービスプロバイダと言われています。以下がその一覧のリンクですが、大多数がカメラのキタムラですね。

iphone-report.sakura.ne.jp

もう一つの理由に作業時間が短いというのがあります。Appleにお願いする場合は混雑により結構な時間待たされるとの口コミがありました。また、郵送であれば当然その日に戻ってきません。一方スマホスピタルさんは30分程度で完了とのことであっという間です。スマートフォンを長時間手放すのが嫌な方も多いかと思いますので、これは大きいメリットかと思います。

まとめ

はい。というわけで、今回はiPhoneのバッテリー交換をしてみたというお話でした。2018年中であれば、公式でも非公式でもご自身の都合が合う(主に立地面と作業時間)案で良いかなと思っています。

2019年になる場合は、交換費用を考慮すると非公式案で良いという印象です。

参考

ブログ画像は本サイトを参照