Good Investor 良き投資による自由な生活の実現を楽しみながら目指すブログ

なんとか準富裕層へ到達。長期目線では高配当米国株式を中心に積立中、中短期ではシストレの売買で資産を積み上げ、長期投資の原資を増やす作戦。仮想通貨もウォッチ中。経済的自由を達成する道半ばを楽しみながら投資に取り組んでいます。ブログ記事は興味があるもの多数につき多岐にわたります。

三菱UFJ銀行と三井住友銀行のATMが相互利用無料化

f:id:hydech:20190601203718p:plain
日本の銀行

はじめに

皆さんこんにちは。本日(11/7)は、午後にプレスリリースされたニュースを取り上げたく思います。

その内容は、日本のメガバンクの2行、三菱UFJ銀行と三井住友銀行がお互いのATMを共通化するというものです。これは、利用者からすると良いニュースに見えますね。少し新聞記事の内容を見てみました。

三菱UFJ・三井住友銀、相互にATM無料化 :日本経済新聞

内容

記事によると、ATM共通化により得られるメリットは以下です。

  • 手数料無料化:対象は、三菱UFJ銀行と三井住友銀行の預金者。両方のATMで平日日中に現金を引き出す際。
  • 対象ATM:まずは、店舗外の2300箇所程度を対象とする。将来的には全ATMの開放も検討する。

まずは手数料ですが、手数料無料になる時間帯は変更はなさそうですね。引き続き平日日中のみ。

ですが、お互いのATMで引き出せるのは便利かもしれませんね。いちいち自身の銀行のATMを探す必要がありませんから。(え!? そもそもはじめからコンビニATMを利用するって。まぁまぁ。

ただ、記事の内容からすると引き出しのみが対象でしょうか。やはり振り込みとかは対象外になりそうな感じを受けますね。本当はここを対応して欲しいのがユーザの思いですよね。

対象ATMも、まずは一部分から始めるとのことです。ちなみに2,300ATMというのはどの程度の割合なのでしょうか。

参考に、三菱UFJ銀行さんのHPによると以下のようです。恐らく当行ATM設置台数の方でしょうね。まずは、25%程度は対応するつもりかなと感じます。

ATM設置台数77,000台。内、当行ATM設置台数は約8,000台
※平成29年3月末時点の当行ATM ・提携金融機関・提携先コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、E-netATM)のATM台数

まとめ

以上、11/7のニュースからでした。よくよく思い返すと、今年の5月に以下のニュースがありましたね。

www.nikkei.com

企業としての狙いは共通化によりATM台数の削減。保守費用の削減とのことでしたね。実現できたらユーザの手数料を削減するなどして、還元してくれるとユーザとしてはうれしい限りです。(笑)

尚、こんなニュースも見つけました。あれ、、みずほさんは??

www.zakzak.co.jp