Good Investor 良き投資による自由な生活の実現を楽しみながら目指すブログ

なんとか準富裕層へ到達。長期目線では高配当米国株式を中心に積立中、中短期ではシストレの売買で資産を積み上げ、長期投資の原資を増やす作戦。仮想通貨もウォッチ中。経済的自由を達成する道半ばを楽しみながら投資に取り組んでいます。ブログ記事は興味があるもの多数につき多岐にわたります。

Bankera Loans (バンクエラローン) サービスの発表! (仮想通貨担保ローン)

f:id:hydech:20190609112609p:plain
Bankeraのローンサービス

【Update】 2019/7/21 Bankeraよりローンサービスの開始日がアナウンスされたことを追記しました

はじめに

皆さん、こんにちは。今日は久しぶりに仮想通貨に関連したニュースです。

以前、以下の記事でBankera(バンクエラ)の紹介を少しですがしました。

www.good-investor.onhydech.com

そのBankeraが、新サービスとして仮想通貨ローンのサービスを今年第三四半期に開始するというアナウンスがありました。

blog.bankera.com


Bankera Loans に関して

まずは、Bankeraのロードマップに関して

実は、 Bankeraの公式Twitterアカウントから以下のようなアナウンスがありました。近いうちにビッグニュースがありますよ!と。

そして、そのニュースがこの仮想通貨担保型のローンサービスのニュースでした。

とはいえ、まったくの新規ニュースかというとそうではありません。元々Bankeraがロードマップとして公開している内容にローンサービスも含まれていたからです。

f:id:hydech:20190609102434p:plain
Bankeraのロードマップ

bankera.com

2019年の前半に「銀行ライセンスを取得し、ローンサービス、預金サービスを可能とする」という部分です。

ちなみに、Bankeraは既に銀行のライセンスを有しています。これは公式HPにも記載されています。この部分に関してももっと評価されて良いと思うんですけどね。

Does Bankera have a bank license?


Yes, we are cooperating with a company holding a narrow banking license so that we could provide core banking services. It was stated from the beginning that Bankera would either be delivered through the founding team's own license or through partnerships. Obtaining a separate permit for services, which we already have a license for within our ecosystem, would only be a waste of time and resources. We believe that our resources could be better employed in the development of our other services.
Bankera | Banking for the Blockchain Era

このように、当初示したロードマップに従って仕事をしっかり進めている印象です。

仮想通貨というと正直まだまだ詐欺や怪しいサービスが多い印象ですが、2017年の仮想通貨バブルを経て着実に進めているプロジェクトも幾つか見て取れます。

Bankera Loansの内容

それでは、肝心なBankera Loansの内容に関してみていきましょう。

もう簡単に言ってしまえば、自分の持っている仮想通貨を担保に入れることで現金を借りることができるサービスです。公式ブログからの紹介文を以下に記載しておきます。

暗号資産担保ローンとは何か?


暗号資産担保ローンは、借り手が自身の暗号資産を担保にして、法定通貨や暗号資産ので融資を受け取ることを可能にする代替種類の資金調達方法です。借り手の暗号資産は担保とみなされますが、ローン完済時に返金されます。


暗号資産担保ローンはまた、お客様に素早い資金調達をも可能にいたします。従来の銀行にはお客様の信用力と貸付履歴に関する厳格な規則があり、ローンの承認には数週間かかることがございますが、暗号資産担保ローンは、各融資を暗号資産で支援するシステムを元に“信託“を確立し、ほぼ瞬時に暗号資産担保ローンが実行されます。
Bankera LoansのWebサイト公開

上記を読むに、このローンサービスのメリットは素早い融資の実行でしょうか。

通常、銀行ローンを組むには審査、承認というプロセスを経る必要があります。通常時間がかかると思いますが、このローンサービスでは仮想通貨を担保に抑えて即時貸付を行うという形になるように見えますね。利息も顧客の仮想通貨ウォレットから自動で引き落とされる仕組みのようです。

しかも、ローン可能額が最大で1,000,000ユーロとの記載があります。すごい額ですね、、さすがあれだけの資金を集めたICOなだけあります。

一方で、個人向けなどの小口融資も対応してくれるようで、最小ローン実行単位は100ユーロからとのことで個人でも利用できそうです。

仮想通貨ローンの需要

そして、この仮想通貨ローンって需要あるのだろうか!?というのが大切なポイントだと思います。

特に、公式サイトにある以下の Loan to Value(ローン・トゥー・バリュー)に関してです。

これは仮想通貨100万円分を担保に最大50万円の現金を融資するという意味かと思います。このローンにどこまでの需要があるのかという部分です。

Bankera Loansでは、25〜50%のLTVをご提供します。
Bankera LoansのWebサイト公開

ですが、どうやら結構需要があるみたいです。

例えば、以下の BlockFi のサービス。5.32BTCを担保に約110万円を借りることが可能とのことです。そして、昨年から売上高が10倍に増えているとのことで、この手のサービスは確かな需要があるようです。

jp.cointelegraph.com

ここまでくれば、あとはサービスの質や金利での勝負になりそうですね。

BNKトークンホルダーへのメリット

はい、BNKトークンを持っている方からしてみたらここが大切ですかね(笑)。

BNKトークンを利用すると、ローン金利が1.5%低くなるようです。よって、BNKトークンを取得してからローンを組むのが金利的にはお得になります。これがBNKトークンの需要を押し上げる1つの可能性になります。

また、BAKトークンを保持していると、Bankera、SpectroCoinの収益の一部が分配されます。ローンの収益も分配対象になるというところもBNKの価値を高めるポイントになると思います。

(2019/7/21 追記)Bankeraからサービス開始日のアナウンスあり。

さて、ついにBankeraからサービス開始日時のアナウンスがありました。Twitter上でアナウンスがされています。日本時間では7/22(月)中に開始されると思います。

あわせて、サイトURLはこちらです。すでにサイトはオープンされておりアクセス可能です。(ローンサービス利用はまだ)

f:id:hydech:20190721222819p:plain
Bankeraローンサイトがオープン

f:id:hydech:20190721222852p:plain
Bankeraローンサイトより

loans.bankera.com

まとめ

はい。以上Bankeraの新サービスである Bankera Loans の紹介でした。ローンチしたら触ってみようと思います。

Bankeraの関連サービス

SpectroCoin: Bankeraの仮想通貨ウォレットサービス

spectrocoin.com