Good Investor 良き投資による自由な生活の実現を楽しみながら目指すブログ

なんとか準富裕層へ到達。長期目線では高配当米国株式を中心に積立中、中短期ではシストレの売買で資産を積み上げ、長期投資の原資を増やす作戦。仮想通貨もウォッチ中。経済的自由を達成する道半ばを楽しみながら投資に取り組んでいます。

セキュリティは大事。ADK WalletをLinux(Ubuntu)で使ってみた。

f:id:hydech:20190601144518p:plain
仮想通貨の管理は厳重に

はじめに

皆さん、こんにちは。突然ですが、仮想通貨の保管方法は大丈夫ですか? 取引所に多額の資金を保存していませんか? ウイルスに感染したPCを利用していませんか?

ということで、今回は仮想通貨関連だとおなじみであるWalletに関してです。

Walletの管理は大事

私は、資金保管用のWalletは専用の端末で管理しています。日々利用する用のアドレスとは分けてもいます。

仮想通貨界隈では取引所のハッキングにはじまり、セフルGOXも後を絶えません。いつWalletの鍵を盗まれるかわかりませんし、一度盗まれて別のアドレスに送金されたら、取り戻せないのは皆さんも色々なニュースや事例でご存知の通りかと思います。

というわけで、大金を扱うWalletの取り扱いには注意を払っている次第です。

ADK(Aidos Kuneen)のWalletをLinuxで利用しよう!

今回は私もホルダーであり応援しているADK(Aidos Kuneen)のWalletをLinux端末で利用してみることにしました。

なお、ADKは現在Step2.への移行準備が進められています。Step2.がリリースされた際はまた別のWalletアプリへ移行していくことになります。

Aidos Kuneen – Hades helmet of invisibility

PC環境に関して

因みにWallet用の端末にはLinuxを利用しています。これは、月並みですがWindowsと比較してウイルスに狙われることが少ないこと、エンジニアである私としては細部の動きまで追うことが可能なことが理由です。(Windowsはブラックボックスな要素が強くて、、)

Linuxにも様々な種類がありますが、PC環境としてはUbuntu(ver18.04)を利用しています。これは、近年非常に活発に開発が続いている点と、デスクトップパソコンとして利用しやすいということから選択しています。

人によっては、RedHatやCentOSの方が馴染みがあるという人もいるかもしれません。この部分は、多少なりとも個人の趣向でしょう。逆に、PC初心者はWindowsやMacほどこなれていないため扱いずらいかもしれません。(ごめん。。)

Walletアプリのダウンロード

今回あつかうADKですが、Walletは、Windows、Mac、Linuxそれぞれに対応しています。Linux版は、ソースコードの他にrpm、deb版も配信されており簡単にインストールが可能です。rpm、debはWindowsでいうインストーラです。

ダウンロードは以下のサイトから可能です。現状は、Ver. 1.2.7 が最新ですね。Ubuntuの方は、「Aidos_1.2.7_amd64.deb」をダウンロードしてインストールしてください。

Releases · AidosKuneen/aidos-wallet · GitHub

f:id:hydech:20181104013819p:plain

Walletアプリの起動時

インストールしたあとは、ターミナル(端末)を起動します。Ubuntu 18.04だと、左下の四角いアイコンをクリックして表示された検索ボックスに"terminal"と入力すればヒットするかと思います。

f:id:hydech:20181104015705p:plainf:id:hydech:20181104015717p:plain

ターミナル上から「aidos」というコマンドで実行しましょう。たぶんモジュールが足りない(canberra-gtk-module)というエラーがでます。

$ aidos 
Gtk-Message: 00:31:30.383: Failed to load module "canberra-gtk-module"
Error reading settings:
Settings file does not exist.
Register aidos as a default protocol

ということで、追加でモジュールをインストールしましょう。この後は普通に利用できるはずです。

$ sudo apt-get install libcanberra-gtk-module
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
以下の追加パッケージがインストールされます:
  libcanberra-gtk0
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  libcanberra-gtk-module libcanberra-gtk0

はい!来ましたね。これでLinuxからも利用できますね。仮想通貨の種類によってはソースコードからのコンパイルとか必要なものもありますが、インストールパッケージがあるので簡単に利用可能ですね。

f:id:hydech:20181104015907p:plain

最後に

今回、ADKのWalletをLinuxで利用する流れを記載しました。

一方で、現在ADKはstep2の開発が大詰めを迎えています。これにより、多くの機能追加が実現され、Walletも刷新される予定です。そのため、今後Walletアプリを変える必要があるかと思います。こちらを最後に付け加えておきます。